斬新なアイデアと企画力で夢と感動を与えたい!

一人でも多くのファンを楽しませるために、常に新しい発想が要求されるパチンコ・パチスロ機。よりドキドキ・ワクワクさせる役物や、絶妙なゲージ構成、目を瞠る筐体デザインなど遊技機開発に欠かせない3D・CADの知識とスキルを学べるコースです。パチスロ機にも役物が搭載されるなど、これからのニーズは高まるばかり。なお、PSゲージ・役物設計コースは、名古屋校のみでの開設となります。

PSゲージ・役物設計コース(1年制)

こだわりがプレイヤーを感動させる!
こだわりがスペック・演出を際立たせる!
液晶演出・リール制御だけが主役ではない!
プレイヤーを熱くする役物やゲージを
自らの手で作ってみませんか!

新コース 4つのPoint

Point① 企画開発職として必要な知識+設計者としての技術が学べる!

企画開発職として必要な知識は、もちろんのこと、遊技機の構造や仕組みについてしっかり理解して頂き、役物やゲージ、筐体といったハード設計の技術を、楽しく学びながら、1年間の講義を通じて身に付けて頂きます。採用企業からのニーズも高い分野なので、パチンコ業界への就職・転職にも有利になることは間違いありません。

Point② パチンコ好きの経験が活かせるゲージ設計について学べる!

躍動感ある玉の動きでファンを魅了してきたパチンコ遊技機。いかにストレスを感じさせず、長期遊技につなげられるかが、ゲージ設計の醍醐味と言えます。パチンコが本当に好きで、ずっと打ち続けて来たからこそ身に付けられるスキルです。ゲージ設計に必要な知識・スキル等の習得を図ります。

Point③ パチスロにも搭載!ますます重要性が高まる役物設計について学べる!

プレイヤーをいかにドキドキさせ続けられるか。それが継続稼働の鍵を握っていると言っても過言ではありません。その中でも、最近は役物演出の重要性が極めて高まっています。パチンコだけでなく、パチスロまで搭載される機種が登場しています。本コースでは役物の設計に必要な知識とスキル等の習得について特に力を入れて学んで頂きます。

Point④ 役物やゲージ設計以外にも活用できる3D・CADの知識を学べる!

パチンコ・パチスロ機の遊技機開発において、機構設計のスキルは役物やゲージ設計だけではありません。洗練された筐体デザインや、長時間、遊技しても疲れないハンドル設計などなど、機構部品のデザインから設計まで行うために必要な3D・CADの操作方法についてマスターが可能です。

採用担当者からも期待の声が寄せられています!

名古屋には、多くの遊技機メーカーや遊技機関連企業の開発・製造の拠点があり、パチンコ機・パチスロ機のハード設計において、日本で唯一無二の巨大な市場が形成されています。役物設計や筐体設計等を行っている企業が数多く存在し、自動車産業の設計等も盛んな地域なので、3D・CADが取り扱える人材については高いニーズがあるのが東海エリアの特徴です。PSゲージ・役物設計コースを名古屋校において開設した理由はここにあります。その地域特性を活かしたカリキュラム・就職支援プログラム等の提供を行って参ります。

日本全国各地からの入学希望者の募集受付を開始しましたので、詳細につきましては資料請求等お問い合わせ下さい。

全コース一覧はこちらから