在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージその1

G&Eビジネススクールに通う先輩たちの様子をインタビュー形式でご紹介します。

G&Eビジネススクールへ入学する前はどんなことをしていましたか?

野田:「大学に通っていたのですが、将来への展望が描けなくて…。2年で中退し、その後は気ままにフリーター生活を送っていました。」

G&Eビジネススクールを知ったきっかけは?

野田:「バイト先のパチンコホールに置いてあったファン雑誌を読んでいて、G&Eの広告が目に留まったんです。あ、こんな学校があるんだ、と興味本位で読み進めているうちに、自分の人生に後悔したくないならここだな!と思って、入学を即決しちゃいました(笑)」

そんなにすぐに決めちゃって、周りの人には反対されなかった?

野田:「やっぱり両親には反対されましたね。高校時代の恩師や、就職している友人にもアドバイスをもらいましたが、やはり自分の道は自分で決めたいと思い、自分で働いて後から学費は返すから、ということで両親を説得しました。だからバイトは今も週4回がんばってますよ。」

総合エンタテインメントコースに入学したわけですが、クラスの印象は?

野田:「いやあ、ホントにパチンコ・パチスロ好きの集合体だなあ…って(笑)。みんなパチンコ・パチスロの話が好きだから、クラスに溶け込むのも早かったですね。」

入学して7ヶ月ですが、今までで一番楽しかった講義は?

野田:「パチンコのプランナーを目指しているので、開発系の講義は全部楽しいですよ。プランナーにはプレゼン能力が最も大事だと考えていますから、プレゼンの練習をする授業は楽しいですし、貴重な時間だと思います。」

普段はどんな生活を送っていますか?

野田:「総合エンタテインメントコースは講義が月曜から金曜まであるので、講義後にバイト、というのが基本ですね。自分の考えたオリジナル機種の企画書制作が楽しくて、バイトの直前まで自習してます。」

勉強家なんですね。

野田:「いやあ、大学時代までは勉強嫌いだったんですが(照)。好きなことの勉強はやっぱり楽しいですね。」

これから就職活動が本格化しますね。(注:インタビュー時期は12月上旬)

野田:「実は自分の理想とするパチンコ機のスペックが既に頭の中では出来上がっているので、その想いを実現できそうなパチンコメーカーをいくつか狙っています。自分の信念を貫いて頑張ります!」

野田くんのとある1日

野田くんのとある1日

ようやく完成した自分の企画書をクラスメイト達に公開!
同じ夢を目指す仲間だからこそ、忌憚のない意見やアドバイスをもらえます。

野田くんの専攻コースはこちら

総合エンタテインメントコース

渋谷校

名古屋校

大阪校

総合エンタテインメント

【2年制】
22歳以下の方で、目指す職業に応じた専門知識と専門スキルをじっくり学びたいという方におすすめのコースです。
コース詳細はこちら »

G&Eビジネススクールに入学した経緯を教えてください。

谷久:「高校生の時からパチスロプランナーになりたいという夢がありました。大学では映像造形を専攻してみたのですが、自分のホントにやりたいこととはちょっと違うな、と…。大学4年の6月にインターネットでG&Eの存在を知り、すぐ入学願書を提出したのですが、そこから3月の大学卒業、4月のG&E入学まではとにかく待ち遠しかったですね。G&Eでは入学前の特典として月一回の”入学準備講座”がありましたので、有効活用させていただきました。」

総合エンタテインメントコースの第一印象は?

谷久:「やっぱりパチンコ・パチスロ好きな人が多いな、と感心しました。まあ自分もパチスロ愛については負けない自信がありますけど。あと、総合エンタは若い人向けのコースなので(編注:原則として18歳~22歳の方を対象としたコースです)、当時22歳だった自分が最年長者として頑張らなきゃ、と思いました。」

これまでの講義で最も楽しかったのは?

谷久:「なんといっても企画書作成やプレゼンの講義です。それが自分の一番仕事にしたい部分でしたから。自分が授業の中で企画書を発表した際、各コースの講師の方が幅広い観点からアドバイスしてくれるのも有難かったです。」

谷久くんはけっこう早い段階で就職を決めましたよね?

谷久:「総合エンタコースの2年になってすぐに就職活動を始めました。ちょうどメーカーや開発制作会社などからG&Eに求人票がたくさん来ていた時期だったので、こだわりを持って遊技機を作っている企業をピックアップして応募しました。結果として7月にアリストクラートから内定をいただき、9月から勤務を始めています。」

就職活動で困ったこと、大変だったことは?

谷久:「困ったことというか困らせたことなんですが…。面接では誰にも負けないパチンコ・パチスロへの情熱をアピールしていたのですが、つい熱くなってしゃべり過ぎる癖があるので、他の人より異常に面接時間が長引いちゃったりして…。採用担当者の皆さんにはご迷惑をおかけしてしまったかも知れません(笑)。」

就職先のアリストクラートはどんな雰囲気ですか?

谷久:「社員の皆さんが、それぞれ凄いスキルやアイディアを持っていらっしゃる方ばかりなので、自分が成長していく上でも最高の環境だと思います。G&E卒業生の先輩も結構いらっしゃって、その方々の働きぶりがG&Eの評判を高めて下さっているようです。自分も上司の方から”他にいい人いない?”と聞かれてクラスメイト(編注:鈴木完くん)を紹介したりして…。企業とG&Eの間で上手く需要と供給のバランスが取れている感じですね。」

谷久くんの1週間

谷久くんの1週間

話し出すと止まらなくなるという谷久くん。この日もクラスメイトを前にヒートアップ。

クラスメイトとの飲み会。仕事が忙しくなってきた今、仲間と歓談できる貴重な時間です。

谷久くんの専攻コースはこちら

総合エンタテインメントコース

渋谷校

名古屋校

大阪校

総合エンタテインメント

【2年制】
22歳以下の方で、目指す職業に応じた専門知識と専門スキルをじっくり学びたいという方におすすめのコースです。
コース詳細はこちら »

鈴木くんは総合エンタテインメントコースの2年生で、既にパチスロメーカーに勤務してますね。

鈴木:「そうですね、就職活動をはじめてから約10ヶ月、ようやく内定をいただいて、先日からアリストクラートの企画部署で正社員として働き始めたところです。」

勉強と仕事の両立ってけっこう大変なのでは?

鈴木:「平日は会社に勤務して、土曜日にまとめてビデオ補講を受ける形でやっています。自分のペースで講義を受けられるので、このシステムは有難いですね。」

G&Eビジネススクールに入学した経緯を教えてください。

鈴木:「G&Eの存在は雑誌の記事で知りました。既に志望業界を決めていた私にとっては、パチンコ・パチスロ業界の専門知識を学べるところにすごく魅力を感じました。」

総合エンタテインメントコースではどんな勉強を?

鈴木:「総合エンタコースの1年次は、営業系・開発系を問わず業界の知識や社会人としてのスキルを幅広く学びますが、2年次はそれぞれの専攻に分かれて専門的なスキルを身に付けていきます。私はプランニングとプログラミングを専攻しています。現在は卒業制作のプログラム作品に取りかかってます。」

G&Eビジネススクールの講義を通じて「これは役に立ったなあ」というのは?

鈴木:「風適法や規則に関しての講義はひじょうに役立ちました。メーカーに就職したら誰もが学ばなければならない事を、最初から知っているというのはとても大きいと思います。上司も即戦力として期待してくれているみたいで(笑)。」

自分自身の就職活動を振り返ってください。

鈴木:「想像以上にたいへんでした…。自分のやりたいことを出来そうなメーカーを中心にエントリーしましたが、特に面接に関してはとにかく数をこなしていくしかないという状況でした。面接のたびに結構わがままなことを申し上げてたのですが、結果としてそのわがままを聞いて下さるメーカーに就職できたので、内定通知をいただいた時は最高の気分でした。」

どんな社会人になりたいですか?

鈴木:「お前の代わりはいない!と言われる人間になりたいですね。今は、あいつにでも出来るだろ、と仕事を振られていても、いつかはあいつじゃなきゃ無理だ、という仕事をしていきたいです。」

鈴木くんのとある1日

鈴木くんのとある1日

会社の人との飲み会が楽しくて…と語る鈴木くん。パチスロ好きに囲まれる生活は学校でも会社でも変わらない、とのこと。

鈴木くんの専攻コースはこちら

総合エンタテインメントコース

渋谷校

名古屋校

大阪校

総合エンタテインメント

【2年制】
22歳以下の方で、目指す職業に応じた専門知識と専門スキルをじっくり学びたいという方におすすめのコースです。
コース詳細はこちら »

つい先日、パチンコ・パチスロの開発を行う制作会社への就職が決まったそうで、おめでとうございます。

蛭川:「ありがとうございます。内定先は誰もが知っている大ヒット作を手がけている企業で、どうしても行きたかったところだったので、内定をいただけて本当に嬉しいです。」

就職活動はいかがでしたか?

蛭川:「10月ごろに周りの仲間がどんどん就職を決めていくのに触発されて、そろそろ自分も動かなきゃ、と思っていたところでタイミング良くG&E生限定の合同企業説明会が開催されたので、このチャンスを逃すまい、と結構がむしゃらでした。ちょうどこの時期に自分の制作する企画書も完成し、面接時に自信作を持ち込めたのも大きかったと思います。」

すべてのタイミングが上手く重なった?

蛭川:「そうですね。就活ってタイミングも大事なんだと心底思いました。けっこう緊張するタイプなので、面接が一番の難関だと意識していましたが、これも直前に、講師の方に面接練習を付き合っていただいたおかげで何とかなったかな、と。」

これまでの講義について伺います。G&EビジネススクールのPSプランニングコースで、一番役立った授業は?

蛭川:「私の場合、一番役に立ったのはPhotoshop・Illustratorなど画像編集・作成ツールのスキルを習得する授業です。企画書って、企画の中身ももちろん大事ですけど、それを素晴らしく見せるための構成やデザイン、センスも重要なんです。ですからツールをいち早く使いこなして自分の企画書を一つ上のレベルに見せることに全力を注ぎました。」

PSプランニングコースは週2回(2時間)のみの講義ですが、クラスメイトとは仲良くなれましたか?

蛭川:「おかげさまで(笑)。プランニングコースは私みたいなフリーターだけでなく、社会人や大学生の人が多いので、なかなか時間の合う人は少ないんですが、立場や職業に関係なく講義の前後にはよくクラスメイトの仲間とパチンコ・パチスロの話をしてます。そういえば、行きつけのホールの店員さんも実は今G&Eに通っているそうで、バッタリ会って「あれっ!?」って…(笑)。入学して世界が広がるのは当然ですが、意外な繋がりを感じられるのもG&Eという場所の特徴ですね。」

最後の質問です。G&Eビジネススクールに入学して良かったと思うことは?

蛭川:「一般人がただ漠然と“パチンコ・パチスロを作りたい”と考えるだけでは、それを実現するのは非常に難しい。私の場合は、仲間へのライバル心が就職に向けての原動力になりました。そういう意味で、知識と環境を与えてくれたG&Eには感謝しています。」

蛭川くんのG&Eライフイベント

蛭川くんのとある1日

内定を獲得し、満面の笑みを見せる蛭川くん。クラスメイトからの祝福が最も心に沁みたそうです。

蛭川くんの専攻コースはこちら
PSプランニングコース

渋谷校

名古屋校

大阪校

【1年制】
パチンコ機・パチスロ機を企画立案したい方、出玉設計やリール制御などの仕様やゲーム性を構築したい方におすすめのコースです。
コース詳細はこちら »